プロフィール

ミディアム・レア

  • Author:ミディアム・レア
  • 何をやらせても中途半端
    いつかプロのCGデザイナになることを夢見て貧乏に耐える
    言わば人生の敗残兵
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
--/-- --:-- (--) ≫スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/11 23:08 (Tue) ≫日記コメント (5) ≫トラックバック (0)
最近じゃめっきり宇宙開発のニュースの取り扱いが小さくなりつつあるような気がします。

今回のエンデバー?の打ち上げだって、日本の『きぼう』が搭載されていたから
こうやって割と大きめに取り上げられたというだけじゃないですかね。

そうでもなければニュース番組で報道される事もなく、新聞の片隅にちんまりと記事が載る程度。

はぁ~。

やはり宇宙に夢を馳せる人間としては寂しいかぎりです。

しかし打ち上げってのは何度見てもいいモンですね。



こういった宇宙開発のニュースを目にするたびに思い起こすのは『プラネテス』とか『MOON LIGHT MILE』。

個人的にプラネテスは10巻くらいまでやってほしかったなぁ。

出合ったのは高校生の頃でしたが、随分と衝撃を受けたものです。

『ロボットがなくたって宇宙物はできるんだ』

そんな意気込みのもとに作られた作品。

それまで宇宙を題材にしたマンガやアニメではあまり描かれることの無かった妙な生活臭がとても好きでした。

重力が無いからカルシウムがどんどん放出されてしまい、骨の強度が弱くなる。

だが主人公ハチマキは筋トレ嫌いだった為にサボリまくり、仕事中に骨折したり。

実際はどうだか知りませんが、地球の1/6しかない月で生まれ育った少女は背がえらく高くなり
しかし体が丈夫ではないため地球に下りて治療する事も叶わないなんて事が描かれていたり。

途中からハチマキが木星往還船のクルーを目指したところから作風がちょっと変わった気がしなくもないんですが
それでも地味な面白さがありました。

プラネテス (1) (モーニングKC (735))プラネテス (1) (モーニングKC (735))
(2001/01)
幸村 誠

商品詳細を見る




『MOON LIGHT MILE』も描写が緻密で良いですよ。

絵が濃すぎるのがネックですが。

それでもプラネテスが短かった分、こちらは長編なのが嬉しい。

読み応えもありますしね。

ただ、まぁ、ノッケからファックシーンを出された時はどうしようかと思いましたけど。

宇宙に行ってもファックシーンがなくなることはありませんでしたが、実はこれって結構切実というかなというか。

人間男と女しか居ないわけで、そんなのが長期間同じ空間にいるわけですから
そういった問題も絶対にあるわけでして。

アニメ版のプラネテスではグラビアをTOY-BOXに持ち込んでいましたが、
こちらは真っ向から描いてるのが好感が持てます。

絵が濃いのでありがたみはゼロに近いですが。

この作品では既にアメリカと中国が宇宙で凌ぎを削ってるのも見所かと。

読んでる側としては『中国逝ね!!』とか思ってますけどね(えー

いやいや、冗談抜きであんな国を宇宙で好き勝手やらせたら本当に戦争になりますって。

そういや自分、月でロボットが出てきたところくらいまでしか読んでないんですよね。

続きが気になる。

MOON LIGHT MILE 1 (1) (ビッグコミックス)MOON LIGHT MILE 1 (1) (ビッグコミックス)
(2001/05)
太田垣 康男

商品詳細を見る




しかしアレですよ。

今現在のスペースシャトルは2010年に退役することになっているそうで。

次世代有人宇宙船の試作機は2013年、有人飛行試験は2015年以降になるとかいう話です。
(いつの間にかベンチャースター計画は失敗に終わってたorz)

と、すると、せっかくISSに日本の占有スペースが出来てもどうやって人材やら物資を運びこむんじゃと。

日本は未だに有人宇宙飛行の技術を確立できていませんからね。

年間400億円の資金が必要になり、輸送費だけで半分以上かかるらしい。

とてもじゃないが200億円では『きぼう』を有効活用することは難しいとのこと。

ストラディヴァリウスだろうとグァルネリ・デル・ジェズだろうと、使いこなせなければ意味は無い。

いくら高くてもちゃんと使えないとね。

しかしこの400億円という金額。

石原がポカやった新銀行東京が求める追加融資の額と一緒。

そう考えると安いのか高いのか。

少なくとも石原にやるくらいなら宇宙開発にまわした方が有意義な事は違いない。

石原はどうにも勘違いしてるような気がしてならないんですよネェ。

都知事だからって好き勝手やっていいってモンじゃないでしょうに。

時々『割りとマトモなこと言うじゃないか』と思わせることもありますが、それ以上にアホやることもあるワケで。

まぁ、どうでもいいかあんなジジィ。

とりあえず私は五輪反対。



ではまた、PEACE!

コメント

>「遠い空の向こうに」
原作のタイトルだけは知ってたんですが、映画になってたとは知りませんでしたorz
とりあえず原作を古本で探してみる事にします!

>一晩寝ると忘れてしまうようです……
いやぁ、物凄く共感できてしまうのがアレですわ(笑
トップギアまでいっても直ぐガスケツ。

>「月のひつじ」
こちらは全く知らないッス。
捏造云々が現実かどうかは置いといて、アメリカはそういう事をやりかねないという面白みが好きですよ個人的に。

>ロストマンが生きてるのか
え?
この先トンでもナイスな展開になってるんですか?
うわぁ、気になるッ。
まぁ、ロストマンですからね……生きててくれるでしょう。

>プラネテスでも同じようにキュータローがやってましたが、どうにもその手のエピソードに弱いらしいです。
「遠い空の向こうに」はまさにそんな映画でしたね。
あれは、何度観ても胸が熱くなり「よし、頑張ろう!」とか思うのですが、一晩寝ると忘れてしますようです…。歳か…。

あとは「月のひつじ」です。
これは「アポロ11号計画捏造」というマスコミのネタ報道を真に受けている人に是非観て欲しいですね。

しかし、単行本派の自分にとって、ロストマンが生きてるのかが凄く気になります。

>早乙女さん
FREEDOMでしたっけ?
確かに雰囲気いいですよね。
アニメの方がちょっと気になります。

>コンラッドさん
宇宙を目指すために悪魔に魂を売った男と呼ばれたウェルナー・フォン・ブラウン。
彼がA4ロケットを始めとして宇宙開発に深く関わっていくエピソードがとても好きです(不謹慎ですが
あの時代、なんの前例もない宇宙開発を切磋琢磨して切り開いていく男たちの姿はやはりロマンを感じますよ。

ムーンライトマイルは確かにエンタメ作品ッスね。
最初はゴローとロストマンは協力関係にあるのかなぁとか思っていましたが、どうにも違うらしいようで。
それどころか表舞台には戻れないとわかりつつなにやら怪しげなことを月でやってますしね。
少年たちが手作りロケットを打ち上げるエピソードが好きです。

プラネテスでも同じようにキュータローがやってましたが、どうにもその手のエピソードに弱いらしいです。
アニメ版プラネテスはデブリ屋の地位が低いのが泣けますわ。
原作のフィーがカッコよすぎ。
あんな時代に生まれたら、自分も宇宙を職場にしたかったと心底思いますね。
貨物船のパイロットないしはEVA要員とか。

いい言葉ですよね!
ロバート・ハッチングス・ゴダードは自分が尊敬する人物の1人ですよ。

実験の名目で廃棄衛星をバカスカ撃ち落しているのを知ると、その度に『デブリをばら撒くなぁーッ!』とか思ってしまいます。
ケスラーシンドロームはもう始まってるんじゃないですかね……。
宇宙からの軌道砲撃なんて実用化されたらどんな事になるのやら。
中国がそんな技術を手にしたらと考えると恐ろしいです。

先端技術と軍事というのは切っても切れない関係にあるのは昔からですよね。
ロケット技術もドイツで軍事転用され(V2ロケット)。その後米ソがドイツのロケット技術者を取り合った結果、冷戦期の宇宙開発があった訳ですから。
プラネテス、ムーンライトマイル共に好きな作品ですが、どちらか…といえばムーンライトマイルの方がすきですね。太田垣氏は「ロボアニメ」が好きらしく、別の作品では巨大ロボ漫画を描いてますし、フロントミッションの漫画も描いてるのは周知の通りです。
その影響がムーンライトマイルにも現れてて、非常に「エンタメ作品」として面白いです。
プラネテスも好きなんですけどね。タナベがウザイのがアレで…。アニメ版は対照的ですよね。プラネテスは非常に恵まれてたなぁ…と。

「昨日の夢は今日の希望であり明日の現実である」

ヘルマン・オーベルトと共にロケットの父と呼ばれるロバート・ゴダールのこの言葉が好きです。


まぁ、既に地上の対空レーザー砲が高度400kmの人工衛星を撃墜できるようになってるんですよね。
(イスラエルが米軍の廃棄予定の人工衛星の撃墜試験に成功)
宇宙からの軌道砲撃も(いわゆるSOLG?)夢じゃなくなってくるかも…。

カップヌードルのCMが気になります(^-^)
あれ、いい感じですよね~♪?

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wwind.blog4.fc2.com/tb.php/1497-e2d74a30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。